RSS | ATOM | SEARCH
ファミリーヒストリー執筆代行

JUGEMテーマ:自分のこと

NHKのファミリーヒストリーが放映されてから、自費出版で「ファミリーヒストリーのように作りたい」という要望が増えています。自分の知らない予想外の祖先のルーツを掘り出したいという興味が高まっていることを感じます。

 

本作りにおける自分史は、著者が綴る原稿を原資として編集します。NHK放映のイメージに近づけるには、著者は親戚や故郷の知人への聞き取り、土地に関する公的・私的資料や、代々伝わっている文書などを掘り起こすことができれば、思いがけない情報に行き当たると思います。

 

執筆(または聞き取り)前に著者がする準備で、一般的に考えられる項目としては、

 

ー分の記憶の中の祖先の話を箇条書きで書き出す

△澗弧燭覆蕕仗董⊃得未吠垢に行く。また故郷の親戚で祖先についてのまた聞きの記憶がある人を探し、取材

事情を話して、故郷の近所の人に話が聞ければなおよい

げ鳩録泙あれば、行政の資料をあたることもできる、

タΧ箸わかれば、その時代のその職業の一般的な様子を調べ、当てはめ、推測する

κ酊鷸の過去帳、またはお墓に書かれた祖先、親戚を確認し、戸籍謄本をたどる

 

重要なことは、実際に現地に足を運ぶことかと思います。枝葉が広がるようにコネクションが広がり、思いもかけない事実がみつかる可能性がきっと生まれると思います。

特に、イ痢屬修了代の一般的な職業(主婦でも)の人々の様子を調べ、推測する」ことは重要です。NHKでもこの、「同時代の人々の様子」をていねいに取材し、かつふくらませています。

 

取材は、専業で取り組んだとして、半年から1年くらい、本業の傍らであれば、2,3年というところでしょうか。材料がそろえば、執筆は、半年から一年くらいでしょう。ただ、自分のことではなく祖先のことなので、NHKばりの仕上がりにするには、小さな事実をもとに大きく想像をめぐらせて創作していく、いわゆる伝奇小説に近い感じでの執筆になるかと思います。

 

ここまでの作業を、もしすべて委託して本を作りたい、という場合、これを請け負う出版社は今のところ見当たりません。調べる内容の出来高や、作業期間が読めないため、料金設定が設定できないことが理由かと思います。期間は最低でも3ヶ月〜半年以上の調査が必要になると思われます。

(例として、調査会社が調査のみ10日間行った場合、基本料金100万円前後からが料金相場のようです)

 

ファミリーヒストリーを作りたい、という人が増えているのには、時代的な意味があるのかなと思っています。

そこで、新たな試みとして、2020年スタートを目途に、東京創作出版ではファミリーヒストリー取材を、新たな事業項目に取り入れたいと考えており、準備を進めています。

author:編集者紹介, category:自分史, 15:19
-, -, - -