RSS | ATOM | SEARCH
書店への流通 1
この10月より取次店を通した書店流通をスタートします。
地方・小出版流通センターにお世話になります。
 
書店流通は費用のリスクが大きいので、
自費出版は特に独自ルートで販売したほうがいいと思います。
ですが本を書いたら、書店で販売するということは、
表現する人にとっては切り離せない夢であるということは十分理解しています。
開業十年の節目に、
販売を希望する著者へ、流通サービスを提供します。
当社の書店流通は、著者の最小限リスクを優先して、
実施してまいります。
author:編集者紹介, category:自費出版, 22:52
-, -, - -