RSS | ATOM | SEARCH
自分史は誰のためのものか
自分史の出版を準備していた著者の家族から、出版を中止したいと連絡を受けました。
著者が突然の事故に巻き込まれ、入院の身となってしまったのです。
著者は家族に向けて、自身の戦争体験から始まり、数年を費やして執筆、
ほぼ完成して印刷を待つばかりだったのですが、残念なことです。

しかし、自分史に対する本人と家族との考えの隔たりは、この人だけのことでしょうか。

執筆する人の多くは、完成後、特に家族に読んでほしいと願います。
戦争体験者は、歴史に翻弄された苦難を本に残すことで、個人の経験を人間共通の歴史に昇華させたいと思っています。
私もこれまで、個人の歴史を残すことは、培ってきた知恵や教訓を後世の人へ財産として残すことであり、
特に戦争体験には残すべき公の価値があると信じてきました。
しかし、これまで編集した自分史で、著者の希望にかなう形で家族に読んでもらえた例は多くありません。
家族は読まないのです。
本人亡き後、すぐ処分された本、すべてを匿名にしなければならなかった本、残念な本はたくさんありました。

戦争体験記はどうでしょうか。
自分史のなかでも公の価値がある別格として、家族が読まなくても一般読者が読むでしょうか。

個人の戦争体験を通して、筆者が戦争という同じ過ちを繰り返さないためにどのような価値観を見出したのかに触れず、
社会的な歴史認識としての考察を持たなければ、
戦争体験記といえども、他の自分史との違いはありません。

────────

それでも私は自分史が必要だと思うのです。
書くべき何かを心に持つ人にとって、自分史は最高の表現手段です。
自分史を書くとき、その静ひつな時間は自分だけのものです。
自分史を完成した経験は、以後の自分の人生を照らしてくれます。

自分史を目指す著者は、読者が自分しかいないことを覚悟して自分史を作るべきだと思います。
author:編集者紹介, category:自分史, 21:41
-, -, - -
満州からの引き揚げ
戦前、
列強と肩を並べんがため、
政府は中国大陸を足がかりに、
多くの人々を大陸に送りこみました。

敗戦となり、
命がけの帰国を果たした
さまざまな人の体験談を、
今、文学や映画などで知ることができます。

この引き揚げ体験について、
前向きで暗さのない体験記を
書いている方がいました。

当時、幼い少女だったということもありますが、
世に出ている深刻で恐ろしい体験談と、
一線を画していることで、
私は大変驚き、そして興味を持ちました。

今、これが一冊の本になりそうな、すてきな予感がします。

付録
引き揚げ関連の本で、
私が今まで一番心に残った本は、
藤原てい著「流れる星は生きている」です。
夫は作家の新田次郎、息子は数学者の藤原正彦氏です。

author:編集者紹介, category:自分史, 19:49
-, -, - -
原稿整理(リライト)
 主婦の方で、もうすぐ自分史が完成に近い著者がいます。
完成目標を決めて、少しずつ作文を書き続け、
できた順にお送りくださいます。
努力家の、心の優しい、私の大好きな著者です。

原稿は、誤字脱字、てにをは、また文章がなめらかに流れているかを
赤字添削します。これをリライトといいます。

リライトは、著者の希望に応じていろいろな程度があります。
以前、女性の著者から、男性が書いたような文章にしてほしいと
お願いされたことがありました。
その場合は、筋は変えずに雰囲気は男性(希望の年齢に合わせて)にリライトしました。

ですがたいていは、読みやすくするための最低限のリライトが一般的です。
なるべく著者のテイストを損なわないように、細心の注意をします。

自分の文章は、誰でもこだわり抜いて書き上げるものですから、
句読点でさえも、意味や気持ちがこもっています。
ですから、リライトするときは、著者とよく打ち合わせた上で、
直すのはここまで、というラインを決めることが重要です。


author:編集者紹介, category:自分史, 20:13
-, -, - -
糸かがり綴じの製本
あいにくの雨になりましたが、
夕方、完成した本の納品に、著者のお宅へ伺いました。
戦前、戦後の激動のご自身の少女時代を、鉄道線路になぞらえて、
当時の風俗を叙情豊かに織り込んだ、
素晴らしい自分史です。
心配していた古い写真もよく再現できており、ひと安心でした。

製本は、今回は提携している印刷会社さんのご好意で、
糸かがり製本をサービスしてもらいました。
現在一番一般的な製本は網代綴じで、
これは接着剤で綴じるので、無線綴じとも言います。

糸かがり綴じは、文字通り、糸でかがる製本です。
手作業で手間をかけた、ていねいな強度に優れた製本です。
ネックはコストがかかることです。

網代綴じは、糸かがりより工程数が少なく、低コストが魅力です。
昔は強度に弱点がありましたが、
近年は技術や接着剤の進歩で、綴じも強力になっています。

ですが、やはり糸かがりにまさるものはありません。

今回は、内容、装丁(表紙デザイン)、製本ともに、
真心がこもった一冊になりました。
author:編集者紹介, category:自分史, 20:57
-, -, - -
初校出し
市川市のNPO法人福籠の家で
1年に1回発行する、ハートフルな雑誌
「和来(わらい)」
の「初校」を、本日出しました。

初校とは、
本作りにかかせない工程の一つで、
生原稿を整理、編集した次の作業にあたります。

どういう作業かといいますと、
実際の本と同じページの形で作った紙面(ゲラ)を、
著者と編集者とで間違いがないかをチェックする作業です。
これを「校正」といいます。

初校は、この校正の1回目を指します。

校正はふつう2回から3回行い、
呼び方は
一回目が初校
二回目が再校
三回目が念校(三校とも呼ぶ)
です。
author:編集者紹介, category:自分史, 22:35
-, -, - -
原稿の入稿日
戦中・戦後を誠実に生きてきた
ある女性の半生記の本を、
印刷所へ入稿しました。
入稿とは、
編集したすべての
原稿、写真、表紙、カバー、帯の完成データを、
印刷に回す作業です。
author:編集者紹介, category:自分史, 21:39
-, -, - -
自分史を書く
 自分史を書くこと──それはこの世に足跡を残すことです。
author:編集者紹介, category:自分史, 23:11
-, -, - -